2015年06月29日

親なるもの 断崖(曽根 富美子)第一部、第二部【完結】

WEB広告で気になっていた漫画をとうとう買って読んでしまった。
「親なるもの 断崖」
昭和初期、北海道・室蘭に生きた女郎たちの話。
広告を目にした人は多いのでは……「しこめの女郎が誕生した」っていうなんか怖そうなバナー画像が印象的なもの。





広告自体は「まんが王国」のものなんですが、スマホ用の漫画サイトなのね。
読みたいな〜って思ったけどスマホで漫画読むの好きじゃない。好きな漫画の二冊目・電子版をスマホで見るってのはやるけど、初めて買う漫画はせめてPCで見たい。

……と思ってたら、まんが王国で人気が出て、書籍が復刊するんですって。
でも書籍はまだ発売されてなかったし、値段も高めになっちゃうので、kindleで購入。
一気によみました。

いや、一気によまざるをえない。
以前ケッチャムの「隣の家の少女」を読み始めたときに、あまりにも悲惨な描写が続くので「物語を終わりまで見届けることで、この話から脱出したい」と思ったときと同じきもちになっていた。悲惨だな〜と思ったときに途中でやめられる人すごいなって思う。結末すら悲惨だった場合でも、物語が終わってないと悲惨な状況がずっと続いているような気がして……(「隣の家の少女」感想はこちら


以下、「親なるもの 断崖」のあらすじ、感想など。ネタバレありだと思います。
--------------------------------------------------

開拓使、軍事需要でたくさんの人が流れ込んできた北海道。室蘭は断崖に囲まれた町で、人々は鉄工所で働き、線路を引き、森を切り開いた。
同じ頃日本中で農民は貧困の中にいた。「親に売られる少女」が続出、物語の中心になる四人の少女も貧困のために生まれ故郷を離れ、室蘭の遊郭で「女」を売るためにつれてこられた。

……とまあ最初の設定から暗く重い話です。第一部はとくに、笑えるところもなくてずっと重い。
松恵、梅の姉妹は器量よしで人気が出ると思われたが、すでに16歳になっていた松恵は初日から「客を取らされる」。そしてショックで首をつってしまう……
残された梅は大好きだった姉ちゃんの分まで働く、と11歳にして女郎になり、あっという間に一番人気の女郎に。

小学校を出ていて教養と品のある13歳、武子はカラダを売る女郎ではなく、芸を売る芸妓に。

だれよりもまっすぐに、貧困で苦しんでいる親を楽にさせたいと、カラダで役に立ちたいと思っていた道子は器量がわるいという理由で女郎にもなれず下働きに。


吉原とか、京都とか大阪の遊郭のイメージはちょっとはあったけど、室蘭の遊郭ってワタシにはイメージが無くて……もともと都だとか人がたくさん暮らしている都会の「遊び場」と違って、男たちもひどい環境で働いている中で、ストレスを発散するために設置されている遊郭だからなのか、このまんがの舞台になっている遊郭は本当に環境がひどい。

さらに遊郭にもレベルがあって、四人が来た遊郭は「幕西」でも上級な場所。もっと悪い場所がたくさんあるらしい。
ずっと下働きをさせられている道子は、自分もきれいに着飾って客を取りたい。男に必要とされたい。と、下級の女郎に成り下がって壮絶な環境に自ら落ちていく。
でもこの物語の中で、一番笑顔のたえないのは道子なんだよね……


さらに戦争がはじまり、戦争は日常を大きく変え、戦争が去った後にはほとんど何も残らなかった。
でも室蘭の断崖を親とし、その懐で生き、子でありながらまた親となっていくという生き様が描かれていました。


--------------------------------------------------
戦争の話や、歴史の話では、ちょっといまだ論争が続いている部分を断定している描写もあって
素直に「歴史の中にはふだん語られることの無い、こんなことがあったんだ〜」と思い切れないところもある。
第二部はとくに、同じ苦しみと問いかけが何度も繰り返されるので、読んでて混乱するというか「進まない」感じがあるかも。
ラストは見事でした。救いがないと途中で読むのをやめちゃうよりは最後まで読んだほうが読者は救われるだろうね。

あと、広告を見て「こういう内容のまんがかな」って思うと多分違います……
少なくとも「しこめの女郎が誕生した」っていうのが内容ってことはないです。
お梅ちゃん(美人の女郎さん)は脇役で、しこめの道子ちゃんが悲惨な目に遭う話なのかと思ったら、もうずっとお梅ちゃんが主役のようにハードモードでキツイ話でした。
なんか広告でも道子ちゃんがぶさいくぶさいく言われて見世物になってるようでかわいそうよ。いい子なのに。

amazonレビューには「男がクズばかり。もっといい男もいるとおもうけど」ってあったけど、場所や環境を考えるとこういう人ばかりでも不思議じゃないし、そもそも女郎が人間として扱われてないんだからこうなってもしょうがないだろうなと思う……
男の中では、茂世さんはいい男ですね。


----------------------------------------

【2021年追記】
鬼滅の刃関連で遊郭が話題になって、この作品のことも思い出してたんだけど、この漫画の内容には「歴史を描いているようであって、情報が正しくなさすぎて創作部分が多いので、この作品を遊郭の歴史を描いた作品のように思ってはいけない」という意見があることを知りました。

「自分の感想はどうだったかな?」とこのページを再確認してみたらわりと冷静に、まるっと信じてる感じではなかったけど、でも知らない話だったしリアルな描写だったし説得力もあったため「私のしらない歴史の側面なんだろうなあ」となんとなく思っていました。

とくにそれまで知識が無くて興味もなかったような分野だと、何かを読んだ後に「本当のことかな?」と調べることもあまりしないので、まるっきり信じてしまう可能性もありそうです。今後ももうちょっと注意して、関連書籍とかに当たってみる姿勢を忘れないようにしたいと思います。


ラベル:女性 完結
posted by 藤村阿智 at 11:33| マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。